Amazon

【悪用厳禁!】Amazonのサムネイルに文字やイメージ画像をいれる裏技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonでは、検索時に表示される画像(サムネイルといいます)で、白抜き背景に文字入れをすると規約違反となります。

ライバル商品が数多く並ぶ中で、商品画像+白抜き背景ではどうしても同じような商品に見えてしまい、差別化ができません。

苦労して製造したOEM商品だからこそ、自社商品を他より目立たせたいですよね。

今回は、Amazon販売で規約違反にならずに、文字入れができる裏技をご紹介します。

ではどうぞ。

商品パッケージがポイント

いきなり結論にはなりますが、裏技のポイントは商品パッケージです。

Amazonのメイン画像に商品パッケージを掲載するのは、規約上、問題ありません。

「蒸気でホットアイマスク」をみてみてください。

これをみたらわかる通り、パッケージで商品イメージ画像と、商品訴求ポイントがサムネイルでもわかります。

ここが一番のポイントです。
要するに、文字入れしたければパッケージにいれてしまえばいいのです。

ここで注意したのが、文字の大きさです。 検索時にサムネイル画像だけ見て、しっかりと読めるような大きさでなければなりません。

訴求したいポイントが複数あれば、3個以下までに絞らないと全体的に文字が小さくなり、 見えにくくなります。

また、訴求内容もシンプルかつ、短くまとめたキャッチコピーにする事が重要です。

私も、Amazonをメインに販売する商品では、多少デザインを崩してでも、パッケージだけで商品内容が伝わるような デザインを採用しています。

そうする事で、クリック率が劇的に変わってくるのです。 今回例にした、蒸気でホットアイマスクも、アイマスクの商品画像+白抜きだけで販売していたら、 そっけないサムネイルになり、Amazonでの売上はここまで伸びなかったと思います。

商品検索にヒットしても、クリックされなければコンバージョンには決してつながりません。

いかにライバル商品と差別化をし、クリック率を上げる事を考える事が大切です。

パッケージをどんなデザインにするかを考える時に、Amazonのサムネイルでどう見えるかまで考えて製造していきましょう。

アテンションシールの活用は必須

アテンションシールってご存知でしょうか。

ドラッグストアの棚を見るとそこら中に見つかると思いますが、商品のトップに貼ってあるシールです。

このアテンションシールは本来、店頭で目立たせるというのが目的ですが、同じようにAmazonでも活用できるのです。

アテンションシールを付ける際に気を付けたいのが、シールの面積が大きすぎると、商品パッケージとの相性が悪く、見え方もダサくなりがちになるということです。

そして、シールを適度な大きさにしたとしても、シール内に文言が細かく書いてあると、検索時のサムネイル画像で見えなければ意味がないのです。

アテンションシールは、商品の一番の訴求を5文字以内にまとめて、文字サイズも大きく目立させる事で効果を発揮します。

例えば歯磨き粉であれば、「ホワイトニング」、「輝く白い歯に」、「口臭予防」など、短くわかりやすい文言を大きく掲載する事で、検索時のサムネイルでも分かるようにデザインする事は可能です。

①パッケージにイメージを入れて、アテンションシールで訴求ポイントをいれる
②パッケージとアテンションシールのダブルで訴求していく
③パッケージをシンプルにして、アテンションシールだけでアピールする

このようにパッケージとアテンションシールの2つを組み合わせる事により、サムネイル画像でライバル商品と差別化ができ、アピールしていくことができます。

1枚あたり、数円~数十円の費用はかかってきますが、下手な広告よりも効果が高いと断言できます。

また、スポンサープロダクトなどのCPC広告との相性もいいので、是非チャレンジしてみてください。

文字入れ規制強化に比例して効果を発揮

商品の売上げは、クリック数×コンバージョン率×単価で決まります。

今回は、このクリック率の改善に有効な施策です。少なくとも自社商品においては、この訴求方法を活用する事で、劇的に売上が伸びた商品が多くあります。

Amazonだけではなく、楽天でもサムネイルの文字入れは、年々厳しくなってきています。
サムネイルを白背景に規制していくこと事で、モール全体のイメージが統一され検索時に見やすくなるからです。

どのECモールでも、最終的にはAmazonのように商品+白抜き背景で規制していくのではないかと個人的には予想しています。

そこの規制が強化されればされるほど、今回紹介した手法の効果は大きくなります。

商品パッケージをせっかく作るのであれば、サムネイルの見え方まで考えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントはこちらから

コメントを残す

*

CAPTCHA