健康食品

2020年Amazon×OEMコスメ サプリメントの販売戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazon販売における2020年のOEMコスメ・サプリメント市場は急激に拡大すると予想しています。

もちろん新規参入するライバルも一気に増えるタイミングで、2020年がSEOを独占できる最後のチャンスかもしれません。

オールインワンジェルやシャンプーなどはAmazon専売のOEMメーカーが独占しつありますが、まだまだSEOの穴は多くあります。

今回は、2020年のOEMコスメのAmazon販売におけるSEOハックの戦略について解説していきます。

ではどうぞ。

【2020年がラストチャンス】

Amazonでは2018年よりOEMコスメやサプリメント販売を行う販売が増加しています。

私自身も、中国輸入から国産商品にシフトし始めたのもこの頃です。 メンズコスメや脱毛系の商材など今でも販売をしていますが、こういった大きな市場のSEOはすでに埋まりつつあります。

しかし、まだまだ参入の余地は十分にあると確信しています。Amazon販売におけるSEO争奪戦は2020が最後になるかもしれません。

一度奪われた椅子を取り返すのは、多額の広告費が必要になり容易ではありません。

今年がAmazonにおける化粧品・サプリメントOEM販売のボーナスタイムの恩恵を受ける最後のチャンスだと思っています。

【売上はマーケティングで9割決まる】

新規参入するにあたり、注意したい点は1つです。

「レビュー数が30個+平均レビューが4以上の商品」 ライバルとなる商品がこれに該当する場合には、勝負を避けていきましょう。

こういった商品に勝つ為には、外部集客(Amazo外の広告運用)が必須になり、初心者では太刀打ちできません。

「値段を下げれば売れるかも」という甘い考えでは必ず失敗します。

私自身も、こういった商品に勝つ為には多大な労力と広告費がかかってくるので基本的にはやっていません。

OEM商品販売における成功は事前のマーケティングで9割決まります。 早く販売したい気持ちもわかりますが、じっくりと調査して勝てる商品を探していきましょう。

【商品サーチで重要な指標】

では、どんな商品を製造すればいいのでしょうか。

ポイントは4つです。

①レビュー数が20以下
②平均レビューが4以下
③ライバル商品の販売価格が極端に高い
④コスメや食品ランキング2000位以下
⑤ライバル商品が少ない(4社未満)
この中で①のレビュー数が少ない事は絶対条件となります。

②~⑤に関しては2個以上は当てはまるように調査していきましょう。

この基準で調査するとわかるのですが、ニキビ系や美白系など誰でも思いつくような商品はすでに参入余地がありません。

世の中にはどんな商品があるのかを知り、自分なりに仮設をたてて商品企画をしていく事が必須です。

【2020年OEM化粧品の販売戦略】

「基準はわかったけど、どうしたらライバルの少ない商品が見つかるかわからない!」 その答えは簡単で、「見つけるのではなく作る」と思考があれば解決します。

例えばシャンプーです。液体シャンプーはすでに厳しい状況ですが、泡ででるシャンプーや洗い流さないシャンプーなどは 訴求を変えていけば、オンリーワンの商品になる可能性が高まります。

これもライバルがいれば、子供用や高齢者用などにアイデアを広げていくわけですね。

Amazon内をネットサーフィンするだけでは、私でも見つけることは困難を極めます。

「この商品が売れるのであれば、こんな商品がどうか」という仮設を自分なりに立てて商品企画を妄想していく必要があるのです。

差別化を考える上で重要なポイントは下記の5つです。

①テクスチャー →液体→泡/液体→スプレーなど
②訴求内容 →新たな訴求を追加してターゲットを広げる又は絞るなど
③使い方(容器) →プッシュ式にする/持ち運びできるようにするなど
④ターゲットを変える →女性→男性/女性→女子高生向けなど
⑤デザインを変える →おしゃれ・インスタ映えする/誰でもわかるようなデザインなど
売れ筋商品がわかったら、このような点で差別化できないかじっくりと妄想していきましょう。

【2020年OEMサプリメントの販売戦略】

OEMサプリメントのAmazon販売は化粧品に比べると難易度は上がります。

一番の理由は、訴求内容の難しさです。そもそも食品では効果・効能をうたうことはできません。

いかに、法律に抵触せずに訴求するかが難しいポイントです。

また、化粧品と比べてもライバルが多い事もあります。

では、その中でどういった商品企画をすればいいのでしょうか。

これは私自身も行っていますが、機能性表示食品はねらい目です。

国に届け出をしてからの商品化になるので最低でも6か月以上はかかってきます。

そのハードルがあるのでライバル会社から真似をされてライバルが激増するリスクを大幅に減らす事ができます。

そして、「体脂肪を減らす」や「血圧を下げる」などダイレクトな訴求ができるのでライバル商品との大きな差別化につながっていくのです。

私は2020年のサプリメント開発は、この機能性表示食品開発の一択で行っていきます。

届け出に数十万円の費用は掛かってきますが、Amazonでは激甘な市場ですので是非調べてみてくださいね。

【商品企画は日々の積み重ねから生まれる】

2020年のAmazon販売の攻略のポイントは「自分なりの仮説を立てた商品企画」です。

中国輸入OEMでもそうですが、売れ筋商品の品質アップしただけのOEMでは差別化になりません。

マーケティングをした情報を自分なりに整理して、こういった商品であれば売れるのではないかという「柔軟な発想」が大切です。

その発想力を鍛えるために重要な事が日々の情報収集です。 雑誌や新聞広告、WEB広告など様々な媒体で、どんな商品が流行っているのか常にアンテナをはっていく必要があります。

いきなり、斬新な商品企画が思いつくことは決してありません。様々な商品を見て、使って、調べていくことが一番の近道ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントはこちらから

コメントを残す

*

CAPTCHA